通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

黄泉の国

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:よみのくに
品詞:その他地名
2005/10/20 作成

日本神話における、死の国。死んだ者が行く世界。黄泉津大神である伊邪那美命(イザナミノミコト)が支配している。

神話によると、黄泉の国の食べ物をひとたび口にする(黄泉戸喫)と、二度と現世(葦原中国)には帰れなくなる。

例えば、日本神話の黄泉の国の物語では次のように語られている。日本を産んだ伊邪那美命(イザナミノミコト)は死後黄泉の国へと来たが、ここで食事をして(黄泉戸喫)死者になってしまったため帰れなくなった。夫の伊邪那岐命(イザナギノミコト)がはるばる黄泉の国まで(生きたまま)迎えに来たものの、死後のおぞましい姿を見てしまった事から夫婦喧嘩が勃発、その後、怒った伊邪那美命(イザナミノミコト)は黄泉の国の支配者 黄泉津大神になってしまった。

用語の所属
日本神話
関連する神
伊邪那岐命
伊邪那美命
関連する用語
黄泉比良坂
黄泉戸喫
高天原
葦原中国

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club