通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

𫙹

辞書:文化用語の基礎知識 言語・日本語編 (LLNJA)
読み:ブリザード
外語:blizzard 英語 , 雪夹冰 大陸簡体 , 雪夾冰 台灣正體 , blizard/o エスペラント
品詞:慣用単漢字
2009/02/28 作成
2010/02/20 更新

ブリザード(極地の吹雪)。表示できない環境も多いが、[魚]+[嵐]という字である。

漢字

u2b679

  • 部首: 魚 + 12画
  • 総画: 23画
  • 解字: ⿰魚嵐

意義

ブリザード(極地の吹雪)を意味する国字

字源

𫙹([魚]+[嵐])がなぜ「ブリザード」なのか正確なことは不明だが、元々は珍走団(暴走族)のグループ名であるとされる。

ブリザードが魚偏である理由は全く無いが、このが壁に落書きした字がたまたま[魚]+[嵐]で、これが由来であるとされている。

「漢字と遊ぶ―現代漢字考現学」(斎賀秀夫著、毎日新聞社)が典拠となり、ここには落書きの写真が掲載されているが、この字は略字で「⿰魚⿱山凡」となっている。

u2b679-itaiji-001

つまり、このような漢字は実際には存在しない。国字と言えるのかどうかも定かではないが、由来から国字とされている。

発音

特徴

UnicodeではCJK統合漢字拡張CからU+2B679として追加された。

その典拠は珍走団の落書きではなく、次としている。

篠崎晃雄「サカナの雑学」(1982年8月10日2刷発行、新人物往来社) 316ページ下段

これはいわゆる「ロンダリング」というものだろう。情報源を洗浄しているので、ソースロンダリングといえる。

用例

主な用例は、次の通りである。

𠱐𥆞ほどの𫙹で 𠤾から

出典「なんだかとっても!いいかんじ

用語の所属
国字 (和製漢字)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club