通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Dolby

辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:ドルビー
外語:Dolby 英語
発音:dɔ́(:)lbi 英語
品詞:固有名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

Dolby研究所により開発された音響に関する技術の通称。単にDolbyと言った場合はアナログ録音におけるノイズリダクション(減少)技術のことを指す場合が多い。Dolby A,B,C,SR,Sの5種類があり、そのうちB,Cがよく用いられる。元々は映画のフィルムで使用されるために作られたもので、後にDolby Aと呼ばれるようになった。この方式を簡略化したものがDolby B,Cタイプで、これは民生用として多く普及している。Dolby CはDolby Bをダブリングしたようなシステムである。

一方のDolby SRタイプは、逆にDolby Aタイプを発展させたもので、これもプロ用のテープレコーダーに採用されている。内容はDolby Cをダブリングしたようなシステムである。また残るDolby Sタイプは、このDolby SRタイプを簡略化した物である。

これらのノイズリダクションは、エンコードとデコードを同じタイプにしないと音がおかしくなる(Cで録音してBで再生すると高音が変になる等)。ただしSはBと互換性が高いので、S録B再でも一般人なら許容範囲内。

他にも "ANRS" や "CX" と言ったノイズリダクション方式が存在するが、基本的な概念はどれもほぼ同じ。また "DBX" というダイナミックレンジ拡大のための技術もある。これの副作用でノイズの低減なども見られる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club