通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Dolby HX Pro

辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:ドルビー・エイチエックスプロ
外語:Dolby HX Pro 英語
品詞:固有名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

Dolby研究所の開発した技術。但しノイズリダクションではない。

記録信号の高域がバイアス効果となり高域の記録レベルが低下するため、その分のバイアスを減らすというもの。元々高い周波数まで良好に記録できるメタルテープなどでは効果が殆ど無いため必要性はないが、ノーマルテープでは高域改善のために使用されることがある。

普通一定であるバイアス量を千分の一秒単位で変化させることで磁化曲線のリニアリティーを高め、高域の周波数特性の変動や歪みの発生を軽減させることができるが、ごくわずか、その為の不自然さ(ノイズなど)が現われることもある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club