通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

勝沼インターチェンジ

辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・中央道編 (EWHMC)
読み:かつぬま・インターチェンジ
外語:Katsunuma IC 英語
品詞:その他地名
2006/08/10 作成
2012/05/07 更新

山梨県甲州市勝沼町(旧・東山梨郡勝沼町)に作られた中央自動車道インターチェンジ

現在供用中の中では10番目のインターチェンジである。

所在地

  • 概略位置: 山梨県甲州市勝沼町上岩崎
  • 高井戸ICからの距離: ‐
  • 大月JCTからの距離: 19.1km
  • 小牧JCTからの距離: 254.4km

所属路線名

接続路線名

出口案内標識

上り

  • R20
  • 勝沼 塩山

下り

  • R20
  • 勝沼 山梨 塩山

山梨市の市が小さい。

沿革

  • 1977(昭和52)年12月20日: 東京方向 供用開始
  • 1982(昭和57)年11月10日: 小牧方向 供用開始 (中央自動車道 全線開通日)
  • 電算処理用の料金所番号: 01-411

入口

  • レーン数: (未確認)

出口

  • レーン数: 4
    • 一般: 1
    • ETC/一般: 1
    • ETC専用: 1
    • (封鎖中): 1

構造

T型インターチェンジである。一般道接続部分はトランペット型インターチェンジとなっている。

周辺地理

ここは葡萄の産地であり、葡萄農園やワイン工場などが点在する。

  • 甲州市勝沼ぶどうの丘

(西)境川PA ‐ (13)一宮御坂IC釈迦堂PA ‐ (12)勝沼IC初狩PA ‐ (11)大月JCT ‐ (10)大月IC(東)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club