通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

大館西道路

辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・東北編 (EWHH)
読み:おおだて・にし・どうろ
外語:Oodate-Nishi bypass 英語
品詞:固有名詞
2004/03/16 作成
2011/05/31 更新

国道7号のバイパスで、日本海沿岸東北自動車道に並行する一般国道として建設中の、事実上の日本海沿岸東北自動車道の一部。高規格幹線道路で、自動車専用道路一般有料道路である。

起点・終点

  • 起点: 秋田県大館市櫃崎(櫃崎(仮出入口))
  • 終点: 秋田県大館市商人留(大館北IC(仮称))
  • 延長: 8.8km

設計諸元

  • 構造規格: 第一種第二級第一種第三級
  • 設計速度: 80km/h(192km/hBeat)〜100km/h(240km/hBeat)
  • 道路幅員: 22.0m〜23.5m(暫定12m)
  • 車線数: 4車線(暫定2車線)

規制等

  • 制限速度: (未確認)
  • 最低速度: (未確認)
  • 標識規制:
    • 追い越しのための右側部分はみ出し通行禁止(ポール設置)

法定路線名

  • 一般国道7号大館西道路

沿革

項目の有効期限について

この項目は、2012/03/31に有効期限が切れています。

この項目は既に古い記述を含みますが、まだある程度の事実を含んでおり、参考として利用できます。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。

  • 1982(昭和57)年: 事業化
  • 1998(平成10)年: 大館市根下戸〜大館市釈迦内(L=4.6km) 供用開始(暫定2車線)
  • 2003(平成15)年度: 事業変更。櫃崎(仮出入口)〜大館南IC間(L=2.6km延伸)
  • 2004(平成16)年5月22日: 延伸部(2.6km)の中心杭設置式開催橋梁下部工着工、一部土工に着手
  • 2005(平成17)年10月1日: 日本道路公団分割民営化に伴い所轄が東日本高速道路株式会社に変更

全線供用は2008(平成20)年代半ばが目標だった。

以降は今後の予定

  • 2011(平成23)年度: 櫃崎(仮出入口)〜大館南IC 供用開始
  • 2013(平成25)年度 釈迦内(仮出入口)〜大館北IC 供用開始

管理

東日本高速道路株式会社が管理している。かつては日本道路公団(JH)が管理していた。

現在は、大館南IC〜釈迦内(仮出入口)までの4.6kmが無料で暫定供用中である。

接続する主な道路

高速道路、自専道

国道(一般道)

  • 国道7号羽州街道 (釈迦内(仮出入口))
  • 国道103号大館南バイパス (大館南IC)

地方道

  • 秋田県道52号比内田代線 (櫃崎)

沿道施設、観光地等

  • 市立釈迦内体育館
  • 秋田県立大館国際情報学院中学校・高等学校

主な橋

  • (名称不明) (米代川)

主なトンネル

  • 片山トンネル (秋田県大館市根下戸新町〜大館市片山町)

主な峠

はない。

並行する鉄道

経由する自治体

秋田県
大館市

具体的なIC等は次のとおり。予定IC番号は秋田自動車道、日本海沿岸東北自動車道と連続している。

  • (? 櫃崎(仮出入口)) (国道7号鷹巣大館道路、秋田県道52号比内田代線)
  • 18 大館南IC (国道103号大館南バイパス)
  • ? 釈迦内(仮出入口) (国道7号羽州街道(現道))
  • (19? 大館北IC(仮称)) (日本海沿岸東北自動車道)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club