通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

東日本高速道路株式会社

辞書:国土用語の基礎知識 道路編 (EROAD)
読み:ひがしにっぽん・こうそくどうろ・かぶしきがいしゃ
外語:E-NEXCO: East Nippon Expressway Company Limited 英語
品詞:会社名
2005/10/04 作成
2008/06/26 更新

東日本の高速道路を建設、維持、運用管理する会社。

目次

かつては日本道路公団(JH)という特殊法人の一部だったが、2005(平成17)年10月1日に株式会社化された。

本社は東京都千代田区霞が関3-3-2で、元日本道路公団本社である。

初代会長は八木重二郎(新日鉄常任顧問)、初代社長は井上啓一(元 日本道路公団理事)。

管轄は、北海道と、本州の東半分である。

この管轄に接する西側は中日本高速道路株式会社となるが、担当区分は次のようになっている。

  • 北陸道 朝日IC/富山県
  • 長野道 豊科IC/長野県
  • 圏央道 あきる野IC/東京都

神奈川県内の道路については、次の区間が東日本の管轄である。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club