通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

柏尾戸塚線

辞書:国土用語の基礎知識 一般道路名・関東神奈川編 (EWLTK)
読み:かしお・とつかせん
外語:Kashio Totsuka Line 英語
品詞:固有名詞
2004/07/23 作成
2012/01/30 更新
2014/03/31 迄有効

記事の有効期限について

この記事は、2014/03/31に有効期限が切れています。

この記事は既に古い記述を含みますが、まだある程度の事実を含んでおり、参考として利用できます。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。

神奈川県横浜市戸塚区の開かずの踏切を避けるように建設中の、国道1号のバイパス。

将来的に、この道路が国道1号の現道となり、現道は旧道に降格となると見られる。

起点・終点

設計諸元

  • 構造規格: (未確認)
  • 設計速度: (未確認)
  • 道路幅員: 20m〜25m
  • 車線数: 4車線

規制等

  • 制限速度: (未確認)
  • 最低速度: 設定なし
  • 標識規制: (未確認)

法定路線名

  • (国道1号)(予定)
  • 都市計画道路3・4・7号 柏尾戸塚線
    • 横浜市道戸塚第559号線

踏切

国道1号現道は、開かずの踏切として名高い戸塚大踏切(東海道踏切40K807M)によって塞がれていた。

この踏切は横断に多くの時間を要し、大渋滞を起こしていた。

このため戸塚駅周辺は東西で完全に分断されており、交通はもちろん、商業的にも東西の繋がりに欠ける街となっている。東口は比較的発展したが、西口は古い商店街のままであり、雰囲気も全く違っていた。柏尾戸塚線は、この東西を結ぶ道路として計画された。

道路

柏尾戸塚線は大踏切から約60m横浜寄りをトンネルで通す計画で、更に歩行者用の陸橋も建設される予定である。この道路が開通した暁には、大踏切は廃止される予定である。

なお、都市計画道路としては、新規に作られる道路に加え、清源院入口交差点〜バスセンター前交差点までの区間も含まれる。この区間の現道も往復4車線程度へ拡幅し、更にバスセンター前交差点は歩道橋の建設が計画されているらしい。

ちなみに、柏尾戸塚線は当初2007(平成19)年完成目標だったが、予定より遅れており、清算期間を含む事業期間は2002(平成14)年度〜2013(平成25)年度と変更されているらしい。

接続する主な道路

沿道施設、観光地等

  • 吉田大橋 (柏尾川)
  • 浄土宗 清源院

道の駅

道の駅はない。

主な橋

はない。

主なトンネル

ほぼ全体がトンネルである。

主な峠

はない。

並行する鉄道

特になし。

経由する自治体

用語の所属
国道1号
関連する用語
戸塚駅前線
東海道踏切40K807M

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club