通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

温泉マーク

辞書:国土用語の基礎知識 地理用語編 (EGY)
読み:おんせんマーク
品詞:名詞
2009/09/09 作成
2011/02/27 更新

日本の地図記号の一つで、温泉を表わす。「♨」。

天然の温泉だけではなく、温泉施設、あるいは公衆浴場にも使われる。

記号は、UnicodeではU+2668、JIS X 0213では1面6区76点(1-06-76)として登録されている。

記号の由来は、張られたお湯から立ち上る湯気を図案化したところからだが、その初出については諸説あり、はっきりしていない。

日本

「温泉」としての利用が主であるが、そのマークのデザインも数度の変遷を経ている。

後に風呂があるところに使われるようになり範囲が広がり、いわゆる「赤線」にまで♨が使われていたとされているが、現在では温泉と公衆浴場のみに使われている。

南鮮

日本の東支那半島(朝鮮半島)統治時代に半島に文明が渡り、この時温泉マークも半島に伝えられた。

しかしこのマークは日帝残滓であるとして2008(平成20)年3月、行政安全部(旧行政自治部)が新しいデザインのマークを制定し、温泉業のマークとして施行した。

用語の所属
温泉

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club