通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

高速八重洲線

辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・都市高速道路編 (EWHX)
読み:こうそく・やえすせん
外語:Route Y Yaesu Line 英語
品詞:固有名詞
2002/08/18 作成
2014/06/07 更新

首都高速道路のうち首都高速東京線の一路線。なお、一部区間が2014(平成26)年2月まで通行止めとなっている。

路線番号(Y) 。ルートマークは「八重洲線Y」。

起点・終点

設計諸元

  • 構造規格: (未確認)
  • 設計速度: (未確認)
  • 道路幅員: (未確認)
  • 車線数: 4車線

規制等

  • 制限速度: 40km/h(96km/hBeat)
  • 最低速度: 設定なし
  • 標識規制:
    • 自動車専用
    • 大型車両通行止め
    • 危険物積載車両の通行規制

法定路線名

  • 東京都道首都高速4号線(特例都道)の一部 (神田橋JCT〜西銀座JCT)

接続する東京高速道路の区間は首都高ではない。また汐留乗継所〜汐留JCTの区間は八重洲線ではなく高速都心環状線(C1) である。が、以下は参考のために記載する。

  • 東京高速道路(私道) (西銀座JCT〜汐留乗継所)
  • 東京都道首都高速2号線(特例都道)の一部 (汐留乗継所〜汐留JCT)

沿革

  • 1964(昭和39)年8月: 汐留JCT〜汐留乗継所 供用開始
  • 1973(昭和48)年2月: 神田橋JCT〜西銀座JCT 供用開始
  • 2012(平成24)年7月8日06:00(7日@916): 汐留出入口〜新橋出入口 通行止め開始(2013(平成25)年12月25日まで)

汐留JCT〜汐留乗継所の区間は八重洲線ではなく高速都心環状線(C1) である。

通行料金

首都高速道路の料金区間であり、距離によって料金が変動する。

距離制料金に移行する前は首都高速東京線の料金区間内となっていた。

なお、東京高速道路(KK線)の区間は無料で、かつ首都高の料金区間外である。KK線に入る前に「乗継券」が発行され、再び首都高に戻る時に料金所でこれを渡せば、追加料金なしで首都高に戻ることができる。つまり、KK線をバイパスとして利用することができる。

ETCの場合は自動認識のため、「乗継券」を取る必要はない。

高速都心環状線(C1)東京高速道路を結ぶ路線の一つである。

八重洲線の高架下を走る環状第2号線(外堀通り)を地下トンネル化することとなるが、八重洲線の北行き・南行き各3本ある橋脚が支障する。そこで道路の一部区間を通行止めとし、古い橋脚と橋桁を撤去し、新たに各2本の橋脚と橋桁を接地することとなった。

この工事が完了するまでは、KK線をバイパス代わりに使うことができないことを意味する。

接続する主な道路

沿道施設、観光地等

特になし。

主な橋

高架の道路である。

主なトンネル

  • 八重洲トンネル (東京都千代田区大手町2丁目〜中央区八重洲2丁目)

主な峠

はない。

併走する鉄道

特になし。

経由する自治体

項目の有効期限について

この項目は、2016/03/31に有効期限が切れています。

この項目は既に古い記述を含みますが、まだある程度の事実を含んでおり、参考として利用できます。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。

具体的なIC等は次のとおり。なおJCTには番号がない。

  • JCT 神田橋JCT (高速都心環状線(C1) )
  • P 常盤橋(駐車場)
  • P 八重洲(駐車場)
  • 44 丸の内 (東京都道406号皇居前鍛冶橋線(鍛冶橋通り))
  • JCT 西銀座JCT (東京高速道路)
  • (東京高速道路区間)
    • JCT 汐留乗継所 (高速都心環状線(C1) )

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club