通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

鶴見つばさ橋

辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・都市高速道路編 (EWHX)
読み:つるみ・つばさばし
外語:TSURUMI TSUBASA BRIDGE 英語
品詞:その他地名
2005/09/16 作成

横浜市内の高速湾岸線(B) にかかる橋。斜張橋。京浜港の鶴見航路を渡る。神奈川県横浜市鶴見区大黒ふ頭から同区扇島。

横浜ベイブリッジと違い一層のみで、神奈川県道294号高速湾岸線つまり湾岸線(B) である。道路規格は第二種第一級の6車線、設計速度は80km/h(192km/hBeat)である。

将来的には一般部である国道357号も同じデザインの橋で併設される予定で、その時に景観が優れている一面吊り斜張橋が選ばれた。

鶴見航路は5万t以上の大型船も通るため、充分に高い位置に建設し、かつ橋脚の幅も充分な距離確保する必要があった。少なくとも橋脚幅450m以上で高さ49m以上が必要とされた事から、鶴見つばさ橋は二つの塔によって支え、橋長1,020mのうち二塔の距離(主航路幅)は510m、海面から路面までの高さ57mを確保する三径間連続鋼斜張橋として建設された。

関連するリンク
鶴見つばさ橋
周辺地図
橋の特徴
斜張橋
第二種第一級
関連する道路
高速湾岸線
神奈川県道294号高速湾岸線
関連する用語
横浜ベイブリッジ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club