通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

Throttle-by-Wire

辞書:国土用語の基礎知識 車編 (ECCAR)
読み:スロットル・バイ・ワイア
読み:スロットル・バイ・ワイヤ
外語:TBW: Throttle-by-Wire 英語
品詞:名詞
2010/02/14 作成
2011/02/14 更新

X-by-Wireの一つで、電子制御式スロットル。

運転者のアクセルペダルの踏み込み具合をセンサーで読み取り、その情報を車内LANなどによりECUへ伝達され、エンジンのスロットルバルブの開閉を制御するもの。

アクセルとエンジンが機械的に結ばれず、間に情報通信が経由する。

機構

Throttle-by-Wire採用以前は、アクセルペダルとスロットルバルブは、機械的なワイヤーで接続されており、踏み込みに合わせてワイヤーが引っ張られ、バルブの開閉が行なわれた。

この方式ではECUが介在することが出来ず、路面状態に応じた細かな制御などが実現できない。

そこでThrottle-by-Wireでは機械的なワイヤーを廃止した。アクセルペダルの踏み込み量を計測するセンサーとスロットルバルブを管理するECUとを車内LANで結ぶことで、アクセルペダルの踏み込み以外の要素でもスロットルバルブの開閉制御を可能とした。

ハンドル位置

Throttle-by-Wireでは、機械的な配置の制限が無いため、右ハンドルの場合と左ハンドルの場合での設計変更等が容易となる。

運転席の位置を自由にできることから、設計の自由度が高まる。

用語の所属
X-by-Wire
関連する用語
アクセルペダル
V2X

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club