通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

X-by-Wire

辞書:国土用語の基礎知識 車編 (ECCAR)
読み:エックス・バイ・ワイア
読み:エックス・バイ・ワイヤ
外語:X-by-Wire 英語
品詞:名詞
2010/02/14 作成
2011/02/14 更新

油圧など、機械的(物理的)に行なわれてきた制御や機能を、電子制御と、電気的なアクチュエーターモーターで実現する技術。

例えば、通常の機械式のペダルでは、踏み込み量は油圧などで伝えられる。

X-by-Wireでは、センサーで踏み込み量を計測し、その情報を電気的な信号で送受信することで、エンジンやブレーキの制御をする。

機械式と比べてきめ細かい制御が可能になるほか、機械的な構造が簡単になるため、足下の空間が広くなる、車体が軽量化できる、といったメリットがある。

主要なもの

X-by-WireのうちのXに、目的とする機能名を入れて規定される。

自動車で、全てが電子制御化されることを「Drive-by-Wire」といい、次のpyなものが考案されている。

  • Brake-by-Wire (制動)
  • Safe-by-Wire (エアバッグ・システムなど)
  • Suspension-by-Wire (サスペンション)
  • Steer-by-Wire (ステアリング)
  • Throttle-by-Wire (スロットル)

車内LAN

情報の伝送には、車内LANが使われる。

それまでの車内LANの主流はCANだったが、速度が遅くX-by-Wireには対応できない。そこで、より高速なFlexRayへの移行が進んでいる。

関連する用語
車内LAN
Throttle-by-Wire
V2X

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club