通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

VICS

辞書:国土用語の基礎知識 車編 (ECCAR)
読み:ヴィックス
外語:VICS: Vehicle Information and Communication System 英語
品詞:固有名詞
1999/01/01 作成
2010/01/31 更新

道路交通情報通信システム。VICSセンターから、道路の渋滞状況や交通規制などの交通情報をリアルタイムで送信するもの。

カーナビゲーションシステム(カーナビ)などではこの情報を受信し、画面上に情報を表示したり音声で告知したりすることで、渋滞を避け、迂回路を設定したりできる。

この情報は、県ごとの情報がNHKのFM多重波により送信され、更に一般主要道に設置されている光ビーコン、高速道路に設置されている電波ビーコンからも提供されている。

FM多重波は機器メンテナンスなどのため月曜日の深夜放送を停止することがある。

ビーコンは24時間常時運用で、5分おきに情報が更新される。

情報受信料は受信機の価格に含まれているため、無料である。

通信帯域

  • FM多重(76〜90MHz)は、64kbpsであり、1回の放送が5分で50Kバイトのデータを2回送信する
  • 電波ビーコン(2.5GHz)では受信エリア約70m、64kbpsで8Kバイト/1受信
  • 光ビーコン(850nm)では受信エリア3.5m、ダウンリンク1Mbps、アップリンク64kbpsで10Kバイト/1受信

光ビーコン

光ビーコンのみ、上下リンクがある双方向通信である。

光ビーコンのアップリンクでは車のID(機器の電源を入れたときに付けられる乱数による値)を送信し、ある区間のトリップタイムを知ることでより厳密な道路状況を知るために使われる。

このIDから車両登録ナンバーまで特定することは出来ないのでプライバシーは守られているが、光ビーコンユニットを搭載した車の走行軌跡は技術的には特定可能である。

レベル

VICSには、次の三つのレベルがある。しかし性能競争の激しいカーナビで、レベル1〜3全てに対応していない製品は皆無である。

  • レベル1(文字情報)
  • レベル2(簡易図形情報)
  • レベル3(地図情報)

レベル3情報は、道路を細かく切った各部分(「リンク」と呼ばれる)にコードを振り、それぞれについて「渋滞」、「混雑」、「快適」、「不明」のいずれかの情報が送出される。

道路やビーコンの新設などでコードが変更になった部分については、古い地図データでは情報を利用することができないという制限もある。

VICSレベル1画面
VICSレベル1画面

VICSレベル2画面
VICSレベル2画面

VICS光地上設備
VICS光地上設備

VICS車載設備(光/電波受信器)
VICS車載設備(光/電波受信器)

関連するリンク
http://www.vics.or.jp/
関連する用語
カーナビゲーションシステム
ビーコン
DSRC

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club