通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

死の灰

辞書:軍事用語の基礎知識 NBC兵器編 (ANBC)
読み:しのはい
外語:nuclear fallout 英語
品詞:名詞
2001/09/22 作成
2012/12/24 更新

核爆発によって発生し、降り注ぐ放射性物質の俗称。放射性降下物(フォールアウト)。

死の灰は俗称であり、一般名称は「放射性降下物」(英語でfallout)である。

核爆弾原子力発電所メルトダウン事故などにより発生した爆発により放射能を持った物質(塵)が霧散するが、その毒性、危険性から、俗に死の灰と呼ぶようになった。

日本では、広島、長崎への原爆投下直後に放射性降下物を含む「黒い雨」が降ったとされる。

放射能

死の灰には放射能があるため、がん白血病などをもたらすとする仮説がある。

しかし、実際は、広島県は都道府県では10位前後と上位の長寿県、広島市の平均寿命は全国政令市の中で一位になるなど上位であり、長寿の市として知られている。もちろんこの長寿の方々は、実際に被曝し、死の灰の影響を受けていた。

放射線影響研究所(放影研、広島市南区)の1955(昭和30)年〜1961(昭和36)年頃の研究によると、「黒い雨」を浴びたと答えた約1万3千人の解析結果から、黒い雨を浴びても「発がんリスク」高まる傾向は見られないとし、現状を裏付けている。

物質

様々な放射性物質が濃縮して含まれているとされ、主には次のような物質が含まれると考えられている。

関連する用語
核爆弾
ストロンチウム
セシウム

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club