通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

クリエイション

辞書:萌色用語の基礎知識 同人編 (ODOJIN)
読み:クリエイション
外語:CREATION 英語
品詞:固有名詞
1999/01/21 作成
2009/06/01 更新

同人誌即売会の一つ。

現在、クリエイション事務局が開催しているイベントの総称である。

同事務局が主催するイベントは、次の二つがある。

コミックキャッスルの後継イベントが、サンシャインクリエイションである。

そうではないイベントが、コミッククリエイションである。

サンシャインクリエイションではコスプレは禁止であるが、コミッククリエイションでは可能である。

事件

サークル参加者の個人情報を「仁義なきキンタマ」(Symantec名「W32.HLLW.Antinny.G」)により、インターネットに流出させる事件を起こした。

当件は、2ちゃんねるのDownload板「仁義なきキンタマ ウイルス情報 Part82に、2009(平成21)年1月16日20:34:04(@523)に書き込まれたレス66によって発覚した。

流出した情報は、SC17〜SC33までの申込者名簿などで、名簿情報の内容は、次の通りとされる。

  • サークルスペース (落選の場合は「落」)
  • 受付番号
  • サークル名
  • サークル名かな
  • 代表者氏名
  • ペンネーム
  • 住所
  • 電話番号
  • 年齢
  • 性別
  • J (ジャンルのことか)
  • 傾向 (詳細不明、内容は、有り/無し)
  • 別 (詳細不明、内容は、○/×)
  • 搬 (搬入数のことか)

ペンネームに、本名、住所、性別等が漏れているため、かなりダメージが大きいものと思われる。

流出した情報の人数は、延べ2万人を超える可能性が指摘されている。流出は2009(平成21)年1月とされる。

主犯

クリエイション事務局の発表によると、この情報は2007(平成19)年4月以前に取得したもので、元スタッフが2002(平成14)年頃より断続的に無断で自宅に持ち帰っていたもの、とした。

有志による調査情報によると、この元スタッフとは、コミッククリエイションの元運営組織、株式会社コミケプランニングサービス(CPS)の元使用人だった、山崎隆史とされる。

氏は、まだCPSが運営していた頃、クリエイション事務局が作成しCPSにて管理されていたサークル申し込み情報を無許可で持ち帰っていた。そしてそれをWinnyの暴露ウイルス(トロイの木馬)によって、不特定多数が閲覧しうる状態にした。

なお、一度流れてしまった個人情報の削除は不可能である。

イベント中止

この事件発覚により、開催中止が行なわれた。

既に開催が間近に迫っていた2009(平成21)年2月8日の「サンシャインクリエイション42」は実施されたが、2009(平成21)年4月12日に開催予定だった「サンシャインクリエイション43」と2009(平成21)年6月14日に開催予定だった「サンシャインクリエイション44」の開催が中止となった。

復活は2009(平成21)年9月27日開催予定の「サンシャインクリエイション45」である。

関連するリンク
Creation Web
用語の所属
同人誌即売会
イベント
関連する用語
同人誌
コミックキャッスル

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club