通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ワンハンドルマスコン

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道編 (RAIL)
読み:ワンハンドルマスコン
外語:one handle master controller 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

マスコンレバーとブレーキレバーが一体化したタイプのマスコン。T字型レバーの前後動作で力行とブレーキを操るタイプが一般的。

日本では東京急行電鉄が全国で最初に導入した。その際、運転士が運転中に急病で倒れたりした際は、体が前に倒れるという理由で、レバーを前に倒すとブレーキ、後ろに引くと力行という仕様が出来上がった。日本ではほとんどがこの方式だが、海外などでは逆のものもある。

電気指令式ブレーキを採用した最近の列車でしか使えない。また最近の車両でも、力行とブレーキは別のものであるべきという考え方もあり、採用していない会社もある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club