通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

南阿蘇鉄道

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道事業者編 (RCOMP)
読み:みなみあそてつどう
品詞:会社名
2008/06/06 作成
2016/04/27 更新

熊本県で、旧国鉄の高森線を引き継いで運営している第三セクター鉄道。本社は熊本県阿蘇郡高森町。

基本情報

2016(平成28)年4月現在の会社情報は次の通り。

  • 商号: 南阿蘇鉄道株式会社
  • 本社: 〒869-1602 熊本県阿蘇郡高森町大字高森1537-2
  • 設立: 1972(昭和47)年5月10日
  • 資本金: 1億円
  • 代表者: 代表取締役 草村大成
  • 従業員: ‐

沿革

路線

  • 高森線(立野〜高森) 総営業キロ17.7km

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」は、読み仮名の長さ順で、現在日本一長い駅名の一つである。

震災で壊滅

2016(平成28)年4月16日に発生した平成28年(2016年)熊本地震で線路が壊滅した。

トンネルや鉄橋にも甚大な被害が生じ、これによって運行不可能となり全線で運休となった。

第三セクターの資金力では自力復旧は不可能であり、現在は義援金の募集が行なわれている

ICカードは未対応

南阿蘇鉄道は、全線でICカード未対応である。

南阿蘇鉄道株式会社に対する業務監査の実施結果によると、「接続するJR九州の立野駅においてICカード導入予定の際は利用者利便の観点からICカード式乗車券導入について検討して参ります。」としている。

2016(平成28)年4月現在、立野駅はICカードに対応していない。JR九州のICカードはSUGOCAなので、もし南阿蘇鉄道がSUGOCAを導入することになれば、交通系ICカード全国相互利用に参加し、全国の10カードにも同時に対応することになると思われる。

いずれにせよJR含めた周辺鉄道の乗客がなければIC化もないので、「乗って応援」は必要不可欠と言える。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01e (14-Jun-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club