通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

名古屋ガイドウェイバス

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道事業者編 (RCOMP)
読み:なごやガイドウェイバス
品詞:会社名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

日本唯一のガイドウェイバス会社。本社は名古屋市守山区。

ガイドウェイバス専用の高架軌道区間と、一般道を走る通常の路線バス区間とに分かれている。高架軌道区間は軌道法の適用を受けているため、鉄道免許を受けている。

高架軌道区間は大曽根〜小幡緑地の志段味線で、営業キロ6.5km。この区間を名古屋市交通局、名鉄バス、JR東海バスが共同運行している。路線の愛称は "ゆとりーとライン"。

専用軌道が完成する前は、同じ区間を一般道経由で20分〜30分かかっていたが、専用軌道はこの区間を13分で結ぶ。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club