通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

戦時合併

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道編 (RAIL)
読み:せんじがっぺい
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

第二次世界大戦中、国家総動員法に基づき行なわれた企業の強制的合併のこと。

大企業を合併することにより、国家による企業への干渉を行ないやすくするために行なわれた。

これにより、首都圏の鉄道会社は、京王、小田急、京急、相鉄などが東急に、関西圏の鉄道会社は、京阪などが近鉄に統合され、また名古屋圏や福岡圏では、中小の私鉄がそれぞれ名鉄と西鉄に統合された。

戦争が終わると、過度経済力集中排除法が成立し、これに基づいて首都圏と関西圏では統合された鉄道会社がそれぞれ分離独立したが、名古屋圏や福岡圏ではそれほど大きな分離独立は行なわれず、現在に至っている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club