通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

路面電車

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道編 (RAIL)
読み:ろめんでんしゃ
外語:tramway 英語
品詞:名詞
2000/04/29 作成
2008/10/21 更新

道路線路を敷設して、列車を走らせる鉄道のこと。ほとんどが電車運転であるため、路面「電車」と呼ばれる。

法律上は、一般の鉄道とは違い、軌道法(大正十年四月十四日法律第七十六号)が適用される。

このため、道路信号を守る、最高速度は40km/h(96km/hBeat)、などの制約があるが、用地費が不要のため建設費が安いという利点もある。

状況

日本では1895(明治28)年に京都市で導入されたのを皮切りに全国で普及した。

しかし第二次世界大戦後は乗用車が普及し、道路渋滞などで定時運転が守れなくなったことや、道路で邪魔者扱いをされるなどして1970年代には各地で廃止が進み、地下鉄やバスなどに移行していった。

しかし、最近ではその簡便さや、弱者に優しい性質などが見直され、路面電車を運営する自治体や企業に対し、国から補助を出す方向に動いている。

状況

2008(平成20)年現在は、次の各都市で営業している。

  • 北海道札幌市、函館市
  • 東京都
  • 富山県富山市、高岡市、射水市
  • 福井県
  • 愛知県豊橋市
  • 滋賀県大津市
  • 京都府
  • 大阪府
  • 岡山県
  • 広島県
  • 愛媛県松山市
  • 高知県
  • 長崎県長崎市
  • 熊本県熊本市
  • 鹿児島県鹿児島市

これらの都市では路面電車を手厚く維持することが多く、市民の足として定着している。

用語の所属
鉄道
関連する用語
LRT
電車 (1)
電車 (3)
安全地帯

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club