通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

踏切障害物検知装置

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道信号・保守編 (RSGMN)
読み:ふみきりしょうがいぶつけんちそうち
品詞:名詞
2000/07/01 作成
2009/07/19 更新

踏切に設置されている安全装置。通常は略して「障検」と呼ばれる。

踏切遮断機が下りているときに踏切内に車がいたり、物が横切ったりした場合に、特殊信号発光機を自動的に作動させて列車に危険を知らせる装置。

踏切周辺に数台設置されているセンサーから、赤外線を出して障害物を検知する仕組みのものが多い。

この装置の導入により、踏切事故は劇的に減少した。しかし、が踏切を横切ったりしても働くため、これによる緊急停止は増えている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club