通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

C-Flyer

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道車両編 (RCAR)
読み:スィー・フライヤー
外語:C-Flyer 英語
品詞:名詞
2006/07/30 更新

北総鉄道9100系電車の愛称。CはChiba(千葉)、Clean(清潔)、Comfortable(快適)、Culture(文化)を表わし、Flyerは快速の意味である。かつては都市基盤整備公団(現在の都市再生機構)が所有していたが、現在は千葉ニュータウン鉄道が所有しており、北総鉄道が管理を行なっている。

初めてこの電車を見た人は、その前面形状やアコモデーションに度肝を抜かれるらしい。

C-Flyer
C-Flyer

この車両は、普通列車として初めて公衆電話を設置していた。しかし、この公衆電話は地下鉄線内(都営浅草線内)では利用できず、また、携帯電話が普及してしまうと無用の長物になってしまった。さらに「車内での携帯電話のご利用はご遠慮ください」などとアナウンスするのに矛盾していたためか、現在では撤去されてしまった。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club