通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

SAPICA

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道編 (RAIL)
読み:サピカ
外語:SAPICA 英語
品詞:商品名
2011/05/20 作成
2020/04/10 更新

札幌エリア私鉄が導入したICカード乗車券の愛称。ソニーが開発したFeliCaシステムを採用している。

  • 導入: 2009(平成21)年1月30日
  • カードタイプ: Cタイプ (FeliCa)
  • カード規格: サイバネ規格 (但しシステムコードや暗号鍵などは独自)
  • ID番号: SP
  • 導入エリア: 札幌市交通局、ジェイ・アール北海道バス、じょうてつバス、北海道中央バス
  • 利用者数: 20万枚 (2011(平成23)年3月現在)
  • 相互利用: KitacaSuica (2013(平成25)年6月22日から)
  • 運賃支払い機能
    • プリペイド方式によるSF機能 (上限2万円)
    • 定期券機能
  • カード種別
    • SAPICAプリペイド券 (無記名式、記名式) SF機能
    • SAPICA定期券 (記名式) SF機能+定期券機能
  • デポジット: 500円
  • 会費等: 無料
  • 紛失時: 記名式のみ再発行可能 (再発行手数料は500円)
  • 電子マネー機能: あり
  • その他サービス: SAPICAポイント (運賃精算時10%、電子マネー使用時0.5%、ポイント還元)

札幌市交通局、ジェイ・アール北海道バス(株)、(株)じょうてつ、北海道中央バス(株)などで構成される札幌ICカード協議会が事業主体となり、札幌総合情報センター(株)が発行する交通系ICカードである。

まず2009(平成21)年1月30日札幌市営地下鉄に導入された。

あえてKitacaとは異なる独自のカードにしたのは、SAPICAポイントというポイント制度や、オートチャージなどの機能面で他と折り合いが付かなかったためらしい。

その後2013(平成25)年6月22日KitacaおよびSuicaとの相互利用を開始することとなった。

また、磁気カードの共通ウィズユーカードも2014(平成26)年5月31日に販売終了し2015(平成27)年3月31日の終電をもって廃止となったり、2014(平成26)年からバスでも磁気式バスカードを廃止しSAPICAへの完全移行が始まった。

利用可能地域

当初は、札幌市営地下鉄のみ。

2013(平成25)年6月22日から、市電(路面電車)、およびKitakaエリア(ジェイ・アール北海道バス、じょうてつバス、北海道中央バス)とSuicaエリアで利用可能となった。

北海道に限っても、これによって、共通ウィズユーカードが利用可能だった全ての路線・区間で、SAPICAが利用可能となった。

電子マネー

2011(平成23)年3月18日にSAPICA電子マネーサービスが開始された。

開始初日は、SAPICA電子マネー加盟店は一ヶ所もあり、札幌市役所本庁舎1階ロビーにある「元気カフェ・宮田屋」で利用できた。

要するに市役所の中だけで使うことができた。

ただ、SAPICAは札幌市、北洋銀行、北海道銀行、北海道電力などが出資している第三セクター「札幌総合情報センター株式会社」の所有となっていることもあり、加盟店も徐々に増えつつあるようである。

2枚重ね

当初は、KitacaやSuicaなど他のカードと重ねて利用できた。

これはFeliCaの特徴で、システムコードが一致しないカードは応答しないため、SAPICA専用改札機にSuica等をかざしても応答しなかったためである。

しかしKitaca/Suicaと相互利用開始に伴い、Suicaと共通のシステムコードを持つ全てのカードと重ねて利用できなくなった。

関連するリンク
https://www.sapica.jp/
用語の所属
札幌市交通局
ICカード乗車券
FeliCa
非接触ICカード
関連する用語
Kitaca

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club