通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

SAPICA

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道編 (RAIL)
読み:サピカ
外語:SAPICA 英語
品詞:商品名
2011/05/20 作成
2018/06/17 更新

札幌エリア私鉄が導入したICカード乗車券の愛称。ソニーが開発したFeliCaシステムを採用している。

  • 導入: 2009(平成21)年1月30日
  • カードタイプ: Cタイプ (FeliCa)
  • カード規格: サイバネ規格 (但しシステムコードや暗号鍵などは独自)
  • ID番号: SP
  • 導入エリア: 札幌市交通局、ジェイ・アール北海道バス、じょうてつバス、北海道中央バス
  • 利用者数: 20万枚 (2011(平成23)年3月現在)
  • 相互利用: KitacaSuica (2013(平成25)年6月22日から)
  • 運賃支払い機能
    • プリペイド方式によるSF機能 (上限2万円)
    • 定期券機能
  • カード種別
    • SAPICAプリペイド券 (無記名式、記名式) SF機能
    • SAPICA定期券 (記名式) SF機能+定期券機能
  • デポジット: 500円
  • 会費等: 無料
  • 紛失時: 記名式のみ再発行可能 (再発行手数料は500円)
  • 電子マネー機能: あり
  • その他サービス: SAPICAポイント (運賃精算時10%、電子マネー使用時0.5%、ポイント還元)

札幌市交通局、ジェイ・アール北海道バス(株)、(株)じょうてつ、北海道中央バス(株)などで構成される札幌ICカード協議会が事業主体となり、札幌総合情報センター(株)が発行する交通系ICカードである。

まず2009(平成21)年1月30日札幌市営地下鉄に導入された。

あえてKitacaとは異なる独自のカードにしたのは、SAPICAポイントというポイント制度や、オートチャージなどの機能面で他と折り合いが付かなかったためらしい。

その後2013(平成25)年6月22日KitacaおよびSuicaとの相互利用を開始することとなった。

また、磁気カードの共通ウィズユーカードも2014(平成26)年5月31日に販売終了し2015(平成27)年3月31日の終電をもって廃止となったり、2014(平成26)年からバスでも磁気式バスカードを廃止しSAPICAへの完全移行が始まった。

利用可能地域

当初は、札幌市営地下鉄のみ。

2013(平成25)年6月22日から、市電(路面電車)、およびKitakaエリア(ジェイ・アール北海道バス、じょうてつバス、北海道中央バス)とSuicaエリアで利用可能となった。

北海道に限っても、これによって、共通ウィズユーカードが利用可能だった全ての路線・区間で、SAPICAが利用可能となった。

電子マネー

2011(平成23)年3月18日にSAPICA電子マネーサービスが開始された。

開始初日は、SAPICA電子マネー加盟店は一ヶ所もあり、札幌市役所本庁舎1階ロビーにある「元気カフェ・宮田屋」で利用できた。

要するに市役所の中だけで使うことができた。

ただ、SAPICAは札幌市、北洋銀行、北海道銀行、北海道電力などが出資している第三セクター「札幌総合情報センター株式会社」の所有となっていることもあり、加盟店も徐々に増えつつあるようである。

2枚重ね

当初は、KitacaやSuicaなど他のカードと重ねて利用できた。

これはFeliCaの特徴で、システムコードが一致しないカードは応答しないため、SAPICA専用改札機にSuica等をかざしても応答しなかったためである。

しかしKitaca/Suicaと相互利用開始に伴い、Suicaと共通のシステムコードを持つ全てのカードと重ねて利用できなくなった。

以下はすべて、独自解析情報による。

以下、(LE)とあるものはリトルエンディアン、記載のないものは全てビッグエンディアンである。

記録情報

システム数は1で、全部で43のサービスコードがある。

うち、暗号化されていない領域は次の通り。

  • システムコード: 865E
    • サービスコード: 008B (1ブロック) ‐ カード種別およびカード残額情報
    • サービスコード: 090F (20ブロック) ‐ 乗降履歴情報
    • サービスコード: 108F (3ブロック) ‐ 改札入出場履歴情報
    • サービスコード: 10CB (2ブロック) ‐ SF入場情報
    • サービスコード: BA4B (1ブロック) ‐ SAPICA情報
    • サービスコード: BA8F (20ブロック) ‐ SAPICAポイント履歴
    • サービスコード: BACB (4ブロック)
    • サービスコード: BB0B (4ブロック)
    • サービスコード: BCCB (4ブロック)
    • サービスコード: BD0B (4ブロック)

暗号化された領域は次の通り。

  • システムコード: 865E
    • サービスコード: 0048 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: 004A (ランダム・リードオンリー)
    • サービスコード: 0088 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: 0810 (パース・ダイレクト)
    • サービスコード: 0812 (パース・キャッシュバック/デクリメント)
    • サービスコード: 0816 (パース・リードオンリー)
    • サービスコード: 0850 (パース・ダイレクト)
    • サービスコード: 0852 (パース・キャッシュバック/デクリメント)
    • サービスコード: 0856 (パース・リードオンリー)
    • サービスコード: 0890 (パース・ダイレクト)
    • サービスコード: 0892 (パース・キャッシュバック/デクリメント)
    • サービスコード: 0896 (パース・リードオンリー)
    • サービスコード: 08C8 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: 08CA (ランダム・リードオンリー)
    • サービスコード: 090C (サイクリック・リード/ライト)
    • サービスコード: 1008 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: 100A (ランダム・リードオンリー)
    • サービスコード: 1048 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: 104A (ランダム・リードオンリー)
    • サービスコード: 108C (サイクリック・リード/ライト)
    • サービスコード: 10C8 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: 1108 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: 110A (ランダム・リードオンリー)
    • サービスコード: 1148 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: 114A (ランダム・リードオンリー)
    • サービスコード: BA48 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: BA8C (サイクリック・リード/ライト)
    • サービスコード: BAC8 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: BB08 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: BB48 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: BB4A (ランダム・リードオンリー)
    • サービスコード: BCC8 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: BD08 (ランダム・リード/ライト)

記録内容

暗号化されていない領域の多くは、Suicaほかサイバネ規格のカードと同様である。サービスコードが同じものは、フォーマットも互換性がある。

サービスコードがBxxxのものが、SAPICA独自の領域となる。読み書き用の暗号化領域と、それを読み出し専用で参照できる非暗号化領域とが用意されている。

SAPICA情報

  • システムコード: 865E
    • サービスコード: BA4B (1ブロック)
    • サービスタイプ: ランダム・リードオンリー

ブロックの内容

  • +0〜+1 (2バイト): SAPICAポイント額(LE)
  • +2 (1バイト): (不明)
  • +3 (1バイト): 最後のSAPICAポイント処理内容 (1=乗車での獲得、2=使用、3=切符購入・精算での獲得)
  • +4〜+9 (6バイト): (不明)
  • +A (1バイト): 履歴連番
  • +B〜+F (5バイト): (不明)

SAPICAポイント履歴

乗車で10%ポイント還元、電子マネー利用で0.5%還元であり、その履歴が記録される。

  • システムコード: 865E
    • サービスコード: BA8F (20ブロック)
    • サービスタイプ: サイクリック・リードオンリー

各ブロックの内容

  • +0 (1バイト): 取得/利用SAPICAポイント
  • +1〜+2 (2バイト): (不明)
  • +3〜+4 (2バイト): SAPICAポイント額(LE)
  • +5 (1バイト): (不明)
  • +6 (1バイト): SAPICAポイント処理内容 (1=乗車での獲得、2=使用、3=切符購入・精算での獲得、9=物販での獲得)
  • +7〜+8 (2バイト): 年月日 [年/7ビット、月/4ビット、日/5ビット]
  • +9〜+A (2バイト): 降車駅/停留所
  • +B〜+C (2バイト): (不明)
  • +D〜+E (2バイト): サービスコード090Fの履歴連番
  • +F (1バイト): (不明)

サービスコード090Fの乗降履歴情報と共に更新される。鉄道やバス等の乗降と、物販の際に記録される。チャージでは記録されない。

関連するリンク
http://www.sapica.jp/
用語の所属
札幌市交通局
ICカード乗車券
FeliCa
非接触ICカード
関連する用語
Kitaca

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club