通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

いちじく

辞書:科学用語の基礎知識 生物名・植物編 (BBNP)
読み:いちじく
外語:fig 英語 , fig/o エスペラント
品詞:名詞
2001/04/12 作成
2011/12/22 更新

クワ科の落葉小高木。無花果。その果実を食用とする。

分類

▼はAPG分類法における階層で、従来の階級にないもの。

  • ドメイン: 真核生物 Eukaryota
  • 界: 植物界 Plantae
  • 門: 被子植物門 Angiosperm
  • ▼: 真正双子葉類 eudicots
  • ▼: 基幹真正双子葉類 core eudicots
  • ▼: バラ群 rosids
  • ▼: 第1真正バラ群 eurosids Ⅰ
  • 目: バラ目 Rosales
  • 科: クワ科 Moraceae
  • 属: イチジク属 Ficus
  • 種: イチジク carica

旧階層

古い分類法での階層構造は次の通り。

新エングラー分類法

クロンキスト分類法

  • 門: モクレン門 Magnoliophyta
  • 綱: モクレン綱 Magnoliopsida
  • 亜綱: バラ亜綱 Rosidae
  • 目: イラクサ目 Urticales
  • 科: クワ科 Moraceae

生態

小アジアあるいはアラビア南部原産。

6000年以上前より人類に食べられていたことが知られる。

旧約聖書の創世記によると、アダムとイブは知恵の木の実を食べて裸であることの恥ずかしさに気がつき、イチジクの葉で腰を覆い隠したとしている。

このため初期教会ではしばしば知恵の木の実はイチジクであると考えられた。

用語の所属
植物
被子植物門

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club