通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

被子植物門

辞書:科学用語の基礎知識 生物名編 (BBN)
読み:ひし・しょくぶつ・もん
品詞:名詞
2005/07/01 作成
2011/11/06 更新

種子植物のうち、全ての被子植物が属する門。新エングラー分類法、クロンキスト分類法、APG分類法のいずれにも存在するが、クロンキスト分類法ではモクレン門ともいう。

分類

被子植物門は、分類法により名前が次のように変遷している。

  • Angiospermae 新エングラー分類法
  • Magnoliophyta クロンキスト分類法
  • Angiosperm APG分類法

綱の階層構造は、新エングラー分類法とクロンキスト分類法で有効。APG分類法は綱の分類階層を用いていない。

種子

全ての被子植物は種子植物である。

同じ種子植物である裸子植物との違いは、胚珠が子房やなどにより被われている点である。

分類法での差

新エングラー分類法とクロンキスト分類法では、被子植物門は大きく二綱に分けられている。

対して現在のAPG分類法では、初期の被子植物から原始的な双子葉植物が分岐し、継いで単子葉植物が分岐した、残りが真性双子葉植物である、としている。このため、単子葉植物は一群と見なせるが、双子葉植物は様々な由来のものが混在していることになる。

用語の所属
植物界
種子植物
被子植物
関連する用語
裸子植物

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club