通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:はな
品詞:名詞
2013/07/28 作成

種子植物において、有性生殖を行なう生殖器官。

種子植物は、被子植物裸子植物に分けられ、その最も大きな差異は胚珠の構造である。

裸子植物は杉に見られるように、胚珠は裸出しており、花粉は直接着生して受精する。このため多くのものは、花粉は風で飛ばされる風媒花である。

起源が古いのが裸子植物だが、現存する種は1000種にも満たず、現在においては劣勢である。一方の被子植物は数十万種以上あるとされ、現在の植物の大半を占めている。

形状

多くの被子植物は、花弁をもち、その中央に子房があり、そこから一本伸びるのが雌蕊(めしべ)、周囲に数本伸びるのが雄蕊(おしべ)である。

花粉が出来るのが雄蕊の先端で、この花粉が付く(受粉)のが雌蕊の先端の柱頭である。受粉は、昆虫の体に付いて葯から花頭に運ばれることが多い。

雌蘂に受粉すると、子房の中にある胚珠が種子となる。

構造

花は、次のようなものから構成される。

  • 花葉
    • 裸花葉
      • 花弁 (はなびら)
      • (がく) 萼弁とも
    • 花托、花床
    • 実花葉
      • 雌蕊 (めしべ)
        • 花頭
        • 花柱
        • 子房
          • 胚珠
      • 雄蕊 (おしべ)
        • 葯 (やく)
        • 花糸
  • 花柄、花梗
  • 花軸 (かじく)
用語の所属
生殖器
関連する用語
被子植物
裸子植物

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club