通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

じょうぎ・はくちょう腕

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:じょうぎ・はくちょうわん
外語:Norma-Cygnus Arm 英語
品詞:名詞
2009/05/25 作成
2020/08/28 更新

銀河系に確認されている、四本の大きな渦状腕の一つ。

地球から見ると、じょうぎ・はくちょう腕はじょうぎ座が見える方向の近くに確認されるため、このように呼ばれている。

ペルセウス腕は、天の北極から銀河系を見て、「たて・ケンタウルス腕」より回転方向よりも後ろに存在する。

銀河核に近い内側部分を「じょうぎ腕」(Norma Arm)、外側を「はくちょう腕」(Cygnus Arm)と、分けて呼ぶこともある。

(←回転方向) いて・りゅうこつ腕たて・ケンタウルス腕じょうぎ・はくちょう腕

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club