通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

イプシロンロケット3号機

辞書:科学用語の基礎知識 天文学ロケット編 (UROCKET)
読み:イプシロンロケット・さんごうき
外語:ε-3: Epsilon-3 英語
品詞:固有名詞
2018/01/18 作成

宇宙航空研究開発機構(JAXA)により開発されたイプシロンロケットの3号機で、本番2号機。

イプシロンロケットの第3号機である。

2018(平成30)年1月18日に内之浦宇宙空間観測所M台地より発射方位角121°で打ち上げられ、成功した。

ロケットの打ち上げ費用は約45億円と発表されている。

ロケットの仕様

ペイロード(積載物)

  • 高性能小型レーダ衛星(ASNARO-2)

計画

当初予定は次の通り発表された。

  • 打ち上げ予定日時: 2018(平成30)年1月17日の06:00〜06:35
  • 打ち上げ予備期間: 2018(平成30)年1月18日〜2018(平成30)年2月28日

しかし2018(平成30)年1月15日、当日の悪天候が予想されたことから1日延期され、翌16日に次の新たな計画が発表された。

  • 打ち上げ予定日時: 2018(平成30)年1月18日06:06:11(17日@920)
  • 打ち上げ時間帯: 06:06:11〜06:30:13
  • 打ち上げ予備期間: 2018(平成30)年1月19日〜2018(平成30)年2月28日

沿革

以下は飛行計画値と、()内は計画値と異なる場合の速報値。

  • 2018(平成30)年1月18日06:06:11(17日@920): 発射(リフトオフ)
  • X+1分48秒: 第1段 燃焼終了
  • X+2分31秒: 衛星フェアリング 分離
  • X+2分41秒: 第1段・第2段 分離
  • X+2分45秒: 第2段 燃焼開始
  • X+4分54秒: 第2段 燃焼終了
  • X+6分30秒: 第2段・第3段 分離
  • X+6分34秒: 第3段 燃焼開始
  • X+8分2秒(X+8分5秒): 第3段 燃焼終了
  • X+9分54秒: 第3段・PBS 分離
  • X+14分31秒(データ通信不可): 第1回 PBS 燃焼開始
  • X+19分47秒(X+20分30秒): 第1回 PBS 燃焼停止
  • X+43分4秒(データ通信不可): 第2回 PBS 燃焼開始
  • X+50分11秒(X+50分17秒): 第2回 PBS 燃焼停止
  • X+52分35秒: ASNARO-2 分離、打ち上げ成功

PBSの燃焼開始(計2回)については、データ通信不可エリアのため速報値では空欄で発表されている。

用語の所属
イプシロンロケット

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club