通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

カリスト

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名太陽系編 (USTLNSS)
読み:カリスト
外語:Callisto 英語
品詞:固有名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

木星の第4衛星。発見されている衛星のうち、内側から8番目の衛星で、二番目に大きな衛星。1610(慶長15)年にガリレオ・ガリレイとSimon Marius(シモン・マリウス)によりにより発見された4つのガリレオ衛星の一つ。

木星からの距離は1,883Mm、直径4.8Mm、質量1.08×10^23kg。

岩石の核があり、その周囲をH2Oを主成分とするマントルが被い、表面は氷であると考えられている。

英名Callisto(カリスト)は、ギリシャ神話において、大神ゼウスに愛されて、そしてゼウスの妻ヘラに妬まれたアルカジアの森の妖精であるカリストに由来する。カリストはヘラに熊にされたが、ゼウスはそれを天空に置きおおぐま座とした。

関連する用語
ガリレオ衛星
木星
おおぐま座

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club