通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ガリレオ衛星

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:カリレオえいせい
品詞:名詞
2002/03/08 作成
2011/10/14 更新

イタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイの発見した木星の4大衛星の通称で、イオエウロパガニメデカリストのこと。

目次

木星には多数の衛星があるが、中でもこの4つは大きく、1610(慶長15)年に発見されている。

衛星の名前は、木星すなわちローマ神話のジュピター(ギリシャ神話ゼウス)の、その恋人の名から取られている。

イオには火山活動が確認され、他の3つの衛星は表面が水の氷で覆われている。

ボイジャー探査機やガリレオ探査機の近接観測により、このうちエウロパの氷の下には「液体の水」の存在が強く示唆されている。液体の水があれば、もしかすると微生物くらいはいるかもしれないと考えられている。

関連する用語
ガリレオ・ガリレイ
木星

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club