通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

キュリー

辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・用語編 (NPARTY)
読み:キュリー
外語:Ci: curie 英語
品詞:単位助数詞
2011/03/20 作成
2011/03/21 更新

古い放射能の単位。現在はベクレルを使う。

元々は、1gのラジウムと平衡する放射性物質の量として使われ始めた。

従って、元々は量の単位で、「燃料プールに2000万キュリーのセシウム137がある」のように使われた。

後に、ラジウムに依存した定義をやめ、1秒間に370億回の崩壊(壊変)として再定義された。つまり、1Ci=3.7×1010Bq、である。

ラジウムを意識してはいるものの、ラジウム1gの放射能は1キュリーではない。

用語の所属
放射能
CI
関連する用語
キュリー (温泉)
放射線
ベクレル
マッヘ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club