通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

マッヘ

辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・用語編 (NPARTY)
読み:マッヘ
外語:mache 英語
品詞:単位助数詞
2013/11/08 作成

古い放射能の単位。現在はベクレルを使う。

目次

ラドンの放射能を基準とした単位であるが、現在では殆ど使われていない。

稀に、温泉(放射能泉)の放射能を表わす場合などに見られる程度である。

放射能泉のラドンの場合、1マッヘは約13.5ベクレル(Bq) = 約3.64×10−10キュリー(Ci)である。

マッヘは、多くの場合キュリーやベクレルと併記される。なお、ベクレルはSIの単位であるが、キュリーはSIの単位ではない。

日本では、温泉水1kgあたりラドンを8.25マッヘ(= 30×10−10キュリー = 111Bq)以上含有するものを、放射能泉という。

用語の所属
放射能
関連する用語
放射線
ベクレル
キュリー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club