通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

クラミジア・トラコマチス

辞書:科学用語の基礎知識 生物名・細菌/古細菌編 (BBNM)
読み:クラミジア・トラコマチス
外語:Chlamydia trachomatis 英語
品詞:名詞
2014/07/28 作成

性器クラミジア感染症などの病原体となる真正細菌

分類

真正細菌ドメインには真正細菌界しかないので、界は略されることが多い。

亜種

もたらす感染症ごとに大きく3亜種に分けられ、それぞれ血清型で分けられる。

  • 血清型Ab、B、Ba、C ‐ トラコーマの病原体で目に感染し、最悪で失明する
  • 血清型D〜K ‐ 性器クラミジア感染症の病原体で、出産時には新生児にも感染の危険がある
  • 血清型L1、L2、L3 ‐ 鼠径リンパ肉芽腫(LGV)

クラミジア科の細菌の中では、人間への感染症で最も多い。

この菌で、古くは血清型Ab、B、Ba、Cによるトラコーマという眼病が多くみられたが、日本はじめ先進国ではほぼ根絶された。

代わりに現在は、血清型D〜Kによる性器クラミジア感染症が増えた。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club