通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

コケ植物門

辞書:科学用語の基礎知識 生物名編 (BBN)
読み:こけ・しょくぶつ・もん
品詞:名詞
2005/07/01 作成
2011/11/05 更新

かつて、陸上植物のうち、維管束植物でない植物が属するとされた門。現在では認められなくなった。

新エングラー分類法やクロンキスト分類法では、次のように分類されていた。

分類

  • 蘚綱 Bryopsida
  • 苔綱 Hepaticopsida
  • ツノゴケ綱 Anthocerotopsida

性質

地上に生息する植物群の一つで、かつて水中で進化した藻類が陸上に上がり、この植物群となった。陸上植物の中では、最も初期の性質を維持していると考えられている。

コケ植物の特徴は、花を付けず種子を作らず、代わりに胞子嚢を作り胞子で増える。また精子を作り、受精には水が必要である。

胞子は発芽し新たな個体となる。まず作られるのは配偶体と呼ばれる部位で、寿命の大半をこの姿で過ごす。やがてその上部に胞子体を寄生させるが胞子体には維管束がなく、分岐はしない。

現在の分類

現在は、コケ植物門はなく、界と門の間に「陸上植物 Embryophyta」という分類項を設けた。

  • 真核生物
    • 陸上植物 Embryophyta
      • ツノゴケ植物門 Anthocerotophyta
      • 蘚植物門 Bryopsida
      • 苔植物門 Hepatophyta または Anthocerotopsida
      • 維管束植物 Tracheophyta

蘚綱、苔綱、ツノゴケ綱の各綱は、それぞれの門に対応することになる。

用語の所属
植物界

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club