通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

コショウ目

辞書:科学用語の基礎知識 生物名編 (BBN)
読み:こしょう・もく
外語:Piperales 学名
品詞:名詞
2005/07/01 作成
2011/12/22 更新

被子植物の目の一つで、コショウ科を代表とする目である。

分類

▼はAPG分類法における階層で、従来の階級にないもの。

旧階層

古い分類法での階層構造は次の通り。

新エングラー分類法

クロンキスト分類法

  • 門: モクレン門 Magnoliophyta
  • 綱: モクレン綱 Magnoliopsida
  • 亜綱: モクレン亜綱 Magnoliidae
  • 目: コショウ目 Piperales

科以下については、分類体系によって大きく違う。

古くは花などの構造から分類されていた(クロンキスト分類法など)が、現在は遺伝子解析によって分類される(APG分類法)。

APG分類法

APG分類法は綱・亜綱の分類階級を用いないため、門と目の間は単なる系統群となる。

  • 被子植物門 Angiosperm
    • (モクレン類) magnoliids
      • コショウ目 Piperales
          • ウマノスズクサ科 Aristolochiaceae
          • ヒドノラ科 Hydnoraceae
          • ラクトリス科 Lactoridaceae (最新のAPG分類では、→ウマノスズクサ科)
    • (センリョウ目?) Chloranthales
      • センリョウ科 Chloranthaceae

①②は亜目相当の分類群になるが、特に名前はない。

ウマノスズクサ科やヒドノラ科は、従来の分類法では他の目とされていたが、分類学の進展に伴い、コショウ目へと移ってきた。こういった種が上表における②と言える。

またクロンキストや新エングラーではコショウ目に属するセンリョウ科は、APGでの遺伝子分類では被子植物で初期に分化した一群と認識されており、現時点では目の階級が設けられていないようである(研究者によってはセンリョウ目として暫定的に階層化しているようだが)。

クロンキスト分類法

クロンキスト分類法も、後に述べるかつての新エングラー分類法と大差ない。

新エングラー分類法

用語の所属
被子植物
関連する用語
コショウ科

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club