通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

コレクタ接地回路

辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:コレクタ・せっちかいろ
品詞:名詞
2005/05/31 作成
2009/04/23 更新

トランジスタ増幅回路の一つで、トランジスタコレクタを接地する(GNDに落とす)回路。エミッタから出力信号を取り出したもの。エミッタフォロワーともいう。

コレクタ接地回路
コレクタ接地回路

主な特徴は、次の通り。

  • 入力インピーダンスが高く出力インピーダンスが低いという理想的な増幅器の条件を満たす
  • 利得は電流利得が高く、電圧利得はほぼ無く、電力利得は小さい
  • 周波数特性は良い
  • 位相は同相である

インピーダンスは良く、電流利得が大きいが、電圧利得がない。

信号を増幅したりはしないがインピーダンスを下げることができるほか、歪みが少なく周波数特性も良いので、オーディオアンプや安定化電源などに良く使われている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club