通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

シャルルの法則

辞書:科学用語の基礎知識 物理学編 (NPHYS)
読み:シャルルのほうそく
外語:Charles' law 英語
品詞:名詞
2004/02/23 作成
2019/10/11 更新

1787(天明7)年にフランスのシャルルが発見した法則で、一定圧力下で一定気体の体積は、温度が1℃上がる毎に0℃のときの体積の1/273.15ずつ増加する、というもの。

この法則はすぐに公表されず、1802(享和2)年にゲイリュサック(J.L.Gay-Lussac)が実験で証明して発表したため、ゲイリュサックの法則と呼ばれることもある。

この法則によると、体積(V)、0℃時の体積(V0)、温度(t)とすると、体積は「V=V0(1+t/273.15)」で表わされる。

この式のV0は0℃時の気体体積なので、絶対温度(T)で表現すると「V=V0・T/273.15」と表現できる。さらに比例定数(k)をおき、「V=kT」と書くこともできる。

つまり一定圧力の気体の体積は絶対温度に比例し、延いては絶対温度が0Kの時の気体の体積は0であることが分かる。この気体の体積が0になる温度を絶対零度として絶対温度が定義された。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club