通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ジシアン

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・毒物編 (NSUBNP)
読み:ジシアン
外語:dicyanogen 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

(CN)2。非常に毒性の強い気体で、アーモンドに似た臭いがする。水溶液シアン化水素酸(hydrocyanic acid)で、俗に青酸(prussic acid)と呼ばれている。

融点−27.9度ないし−34.4度、沸点−21.17度。500度以上に加熱するとポリマー化し、(CN)nとなる。アルコール、エーテルに可溶。可燃性。

水中ではゆっくりと加水分解を受け、蓚酸(シュウさん)とアンモニアになる。(CN)2+4H2O→(COOH)2+2NH3

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club