通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ジュリアス・ロバート・オッペンハイマー

辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:ジュリアス・ロバート・オッペンハイマー
外語:Julius Robert Oppenheimer 英語
品詞:人名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

アメリカ合衆国ニューヨーク出身の理論物理学者。

生没1904(明治37)年4月22日〜1967(昭和42)年2月18日

日本国広島県に投下された原子爆弾 "Little Boy" の産みの親である。それゆえに "原爆の父" とも言われる。しかし水爆開発に協力しなかったため公職から追放されてしまった。

天文学では、シュナイダーと共に、質量が大きな星が収縮し限界に達すると他の宇宙から隔離された存在になるという、ブラックホールの理論を発表した。1939(昭和14)年のことである。

物理学では、イギリスのボルンと共にボルン・オッペンハイマー近似を発表した。また、1932(昭和7)年にカール・デビッド・アンダーソンが宇宙線の中から新粒子を発見した時に、湯川秀樹が予言した中間子であることを指摘した。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club