通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

スローン・デジタル・スカイ・サーベイ

辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:すろーん・でじたる・すかい・さーべい
外語:SDSS: Sloan Digital Sky Survey 英語
品詞:団体組織名
2004/02/20 作成
2020/08/28 更新

日米独による3次元宇宙地図を作る国際プロジェクト。略してSDSS。

全天の1/4の範囲で1億個以上の天体の位置と明るさを測定する。また、銀河やクエーサーなどは分光観測を実施し、赤方偏移量を測定する。

プロジェクト名は、公益性の高い活動に資金援助するアルフレッド・P・スローン財団から多額の資金援助があったことにちなんで命名された。

望遠鏡

SDSSの望遠鏡が設置されているアパッチポイント天文台は、アメリカの天体物理学研究機構(ARC)によって運営されている。

これはカセグレン式望遠鏡の一種だが、SDSSの望遠鏡は広視野に渡り高画質が求められたため、光学系に二枚の反射鏡、結像系に二枚の補正レンズが使われており、特殊かつ斬新なメカニズムになっている。

また普通の望遠鏡は格納庫の中に収められるものだが、日中の熱が格納庫内に籠り陽炎(乱流)が発生することを嫌ったため、SDSSの望遠鏡は観測時にはむき出しになる。

宇宙年齢

一つの観測結果として、銀河約20万個の分布構造を分析し、2003(平成15)年10月30日までに算出した宇宙年齢は約141億歳であった。

天体の明るさの指標

SDSSでは天体の明るさを表わすのにUBVシステムではなく独自の方法を用いており、ugrizの5種類の等級で表現する。

それぞれ次の通りである。

  • u等級(中心波長355nm、波長幅60nm)
  • g等級(中心波長477nm、波長幅140nm)
  • r等級(中心波長623nm、波長幅140nm)
  • i等級(中心波長762nm、波長幅150nm)
  • z等級(中心波長913nm、波長幅120nm)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club