通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

チモールフタレイン

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質編 (NSUB)
読み:チモールフタレイン
外語:Thymolphthalein 英語
品詞:名詞
2005/05/12 作成

アルカリ性の判定に用いることができる、ラクトン系指示薬の一つ。pH 9.3〜10.5で変色し、酸性中性では無色、アルカリ性で青となる。

分子式C28H30O4分子量430.54。CAS番号125-20-2。

チモールフタレイン
チモールフタレイン

フェノールフタレインと比べ、ベンゼン環にメチル基やイソプロピル基が付いているために開環しづらく、変色にはpH 9以上が必要である。

用語の所属
指示薬
関連する用語
酸性
中性
アルカリ性

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club