通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ドップラー広がり

辞書:科学用語の基礎知識 物理学編 (NPHYS)
読み:ドップラーひろがり
外語:Doppler Broadening 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

プラズマを構成している原子分子イオンが熱運動を行ない電磁波を放射すると、その波動ドップラー効果により静止波長を中心とした広がりを持つ。それをドップラー広がりという。

これは電磁波を発する発光粒子(原子や分子、イオン)の熱運動が反映されたもので、スペクトルはガウス分布になる。その幅から温度を求めることも可能である。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club