通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ハラタケ目

辞書:科学用語の基礎知識 生物名編 (BBN)
読み:ハラタケもく
外語:Agaricales 学名
品詞:名詞
2004/10/31 作成
2011/11/05 更新

の目の一つ。

分類

  • ドメイン: 真核生物 Eukaryota
  • 界: 菌界 Fungi
  • 門: 担子菌門 Basidiomycota
  • 亜門: 菌蕈亜門 Hymenomycotina
  • 綱: 真正担子菌綱(ハラタケ綱) Homobasidiomycetes
  • 亜綱: ハラタケ亜綱 Agaricomycetidae
  • 目: ハラタケ目 Agaricales

生態

子実体は笠と柄からなる。一部の科を除いては、子実体は柔らかく脆い。

椎茸松茸などの食用茸が属するが、毒茸の大半もまた属する目である。

研究が進んでいる目の一つである。分類関係も、大きく変化する。

一般的な分類

近年の一般的な分類方法によるもの。

  • イグチ科
  • イッポンシメジ科
  • ウラベニガサ科
  • オウギタケ科
  • オキナタケ科
  • キシメジ科
  • チャヒラタケ科
  • テングタケ科
  • ヌメリガサ科
  • ハラタケ科
  • ヒダハタケ科
  • ヒトヨタケ科
  • ヒラタケ科
  • フウセンタケ科
  • ベニタケ科
  • モエギタケ科

ゲノム分類

DNAの塩基配列に基づいての分類などもある。

用語の所属
菌界

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club