通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

バレル

辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:バレル
外語:barrel 英語 , 支那語(大陸・台湾) , barel/o エスペラント
品詞:名詞,単位助数詞
1999/02/19 作成
2012/10/03 更新

ヤードポンド法における容積の単位の一つ。「バレル」は英語で樽という意味で、主に石油の計量単位として使われている。

かつて、石油の輸送には50米液量ガロンの容積がある樽が使われていた。

しかし油田から目的地までの間に蒸発や漏れにより42米液量ガロンに減ってしまうため、これを1バレル(約159リットル)としたのが始まりだと言われている。

混合単位

その他、入れるものにより樽の大きさが違ったためか、物により大きさが異なっているのも特徴。

このような単位を混合単位と呼ぶが、一般にバレルと言えば石油の約159リットルを指す。

消費量

参考までに、日本の場合、季節により異なるが、一日あたり約400万バレル(約63万キロリットル)、少ない日で約250万バレル(約40万キロリットル)の石油を消費するとされている。

日本の一日あたりの原油輸入量は約420万バレル(約67万キロリットル)であり、日本の石油備蓄量は、約250万バレルを基準として約200日分、すなわち約5億バレル(約8000万キロリットル)である。

関連する用語
ヤードポンド法
ガロン
国際単位系

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club