通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ビッグバン

辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:ビッグバン
外語:Big Bang 英語 , 宇宙大爆炸 支那語(大陸・台湾)
品詞:名詞
2003/05/27 作成
2014/06/22 更新

ビッグバン宇宙論における、宇宙の始まりの現象のこと。開闢(かいびゃく)ともいう。

目次

ビッグバンには、二つの用例が確認されている。

一般的には、ビッグバンによって膨張が始まり、その後インフレーションによって大膨張したとするインフレーション宇宙論が支持されている。

これと逆に、無から宇宙が創成され、インフレーションで膨張を終えた後の膨張をビッグバンとする用例が確認されている。

実際に「爆発」と言える現象は第二の相転移(大統一理論の相転移)以降である。

この相転移で、インフレーションを引き起こしたインフレーション素粒子からなる高温高密度のプラズマに変化し、宇宙は「爆発」をしたとする説がある。

インフレーション→ビッグバン、とする理論では、ビッグバンは10−34秒後(これはインフレーションが終わった時刻)に起きた、などとされることが多い。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club