通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ビッグクランチ

辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:ビッグクランチ
外語:big crunch 英語
品詞:名詞
2004/07/15 作成
2014/06/22 更新

一般相対性理論が予見する宇宙の終末の姿の一つ。

目次

宇宙はビッグバンから現在に至るまで膨張を続けており、また今後も収縮に転ずることはない。

しかしもし宇宙の物質密度が高かったなら、一般相対性理論は宇宙はある時点で収縮に転じ、そして最後には一点に向かって潰れてしまうことを示している。これがビッグクランチである。

ビッグクランチの際にどのような現象が生じるのか、ビッグクランチ後はどうなるのか、といったあたりは、現時点ではこれを説明する理論がないため不明である。

もし宇宙の物質密度が極めて高かった場合、宇宙はインフレーションを起こせないか、または僅かにしかインフレーションを起こすことができず、恒星などを産む間もなく呆気なく潰れてしまったと考えられる。

物質密度が今の宇宙よりも幾らか高い場合を仮定すると、ある時点で宇宙は膨張から収縮に転ずる。宇宙の収縮が進むと宇宙空間の温度はどんどん高まり、やがて恒星内部よりも宇宙空間の方が温度が高くなり、恒星は宇宙空間との境界がぼやけ「恒星が溶ける」ことになる。更に宇宙が収縮すると恒星や銀河間の距離は縮まり融合し、宇宙はブラックホールだらけになる。そしてブラックホールもやがて融合しあい超巨大ブラックホールが形成されると考えられる。なおも宇宙は収縮を続け、その先に訪れるのは宇宙の終焉、ビッグクランチである。

用語の所属
膨張宇宙論
関連する用語
ビッグバン宇宙論
インフレーション宇宙論

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club