通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ビーム管

辞書:科学用語の基礎知識 電子部品編 (NELECP)
読み:ビームかん
品詞:名詞
2012/12/08 作成

電極数が五つの真空管(五極真空管)のうち、サプレッサーグリッドの代わりにビーム形成電極を追加したもの。

ビーム管は、通常の五極管より効率が良い。

またビーム形成電極がカソードに接続されていることから四極真空管のように見えるものもあり、このため四極真空管として扱われることも多い。

現在、出力段用として使われている四極管は、ほぼ全てがビーム管である。

構造

四極真空管の欠点の改良として、五極真空管はサプレッサーグリッドを追加した。

一方のビーム管は、サプレッサーグリッドの代わりに形状を工夫した電極を設置し、電子の流れをビーム状にすることで効率の改善を図った。

代表的な管

  • 6F6
  • 6V6
  • 6L6
用語の所属
真空管
関連する用語
四極真空管
五極真空管

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club