通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

フェニルピペラジン系抗鬱薬

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・用語編 (BPHAR)
読み:フェニルピペラジンけい・こううつやく
外語:phenylpiperazine 英語
品詞:名詞
2005/08/19 作成

セロトニン(5-HT)に影響を与えるタイプの抗鬱薬。第二世代の抗鬱薬。SSRIに近い薬理作用を示す。精神賦活作用だけでなく、抗不安・鎮静作用を持つため、不安感や焦燥感のある鬱病に効果的と考えられる。

三環系抗鬱薬よりも選択的な5-HT2A(セロトニン2A)受容体遮断作用を持つが、セロトニン再取り込み阻害作用は三環系やSSRIより弱い。

フェニルピペラジン系抗鬱薬の代表に、塩酸ネファゾドン(セルゾン(ブリストル・マイヤーズ))、がある。

物質の特徴
抗鬱薬
適用
鬱病
該当する物質
塩酸ネファゾドン
関連する用語
三環系抗鬱薬
SSRI

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club