通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

SSRI

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・用語編 (BPHAR)
読み:エスエスアーアイ
外語:SSRI: Selective Serotonin Reuptake Inhibitor 英語
品詞:名詞
2001/10/05 作成
2013/03/30 更新

選択的セロトニン再取り込み阻害薬。第三世代の抗鬱薬で、セロトニンのみに着目した薬剤である。

鬱病治療やPTSD治療に使われる薬で、セロトニンの神経細胞内への吸収を抑制し、遊離量を増やすことで神経の働きを活発にする。

それ以前の抗鬱薬(三環系など)と比べて抗コリン作用が弱く、口の渇きや便秘、排尿困難などの不快な副作用が少ないことが、最大の利点である。

辛い鬱病を癒すのに、効果が出るより先に辛い副作用があったのでは大変である。このメリットは待望のものであった。しかしセロトニンのみに働くので、SSRIに反応しない人もいる。

種類

日本で承認されたものは、次の順に4種類である。

  1. フルボキサミン マレイン酸塩
  2. パロキセチン塩酸塩
  3. セルトラリン塩酸塩
    • ジェイゾロフト (ファイザー)
  4. エスシタロプラム蓚酸塩
    • レクサプロ (持田製薬)

副作用等

消化器系に対する影響が強い傾向にあり、吐き気などを催す事もある。そのため制吐剤(吐き気止め)などを併用する事もある。

薬効なし

厚生労働省は2013(平成25)年3月29日、1999(平成11)年以降に承認された新しいタイプの抗鬱薬の投与について、18歳未満への投与は慎重に検討する旨を添付文書に記載するよう、日本製薬団体連合会に指示した。

その中にSSRIもあり、4種類中3種類は効果無しとされた。有効とされたのは、パロキセチン塩酸塩(パキシル)だけである。

これは、海外での臨床試験において、有効性を確認することが出来なかったための措置である。

用語の所属
精神神経用剤
抗鬱薬
関連する用語
鬱病
PTSD
SNRI

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club